R言語による電子カルテデータの二次利用

~R言語初心者がデータ処理を楽しめるように基本的内容中心のサイトです~

2016-02-07から1日間の記事一覧

RでSQLデータベースへの接続1~MySQL編

電子カルテのデータベースは各施設で環境が違うため、今回は接続イメージを理解するためMySQLで練習してみます。 MySQLの準備 まずMySQLをダウンロード MySQL インストールはおまかせで。 デフォルトでconnectorも入るらしいのでそのまま Port:3306で root…

R言語の導入と開発環境Rstudio

R言語のインストールは簡単です。 以下のサイトから自分のOSにあったファイルをインストールしてください。 R本体: https://cran.ism.ac.jp/ R言語単体で作業をするのは煩雑なので、Rstudioという開発環境を導入することをおすすめします。非常に便利です…

R言語と電子カルテデータを使って何ができるか

R言語とは、簡単な統計処理から最新の機械学習まで、豊富なパッケージを利用することにより何でもできる?統計言語です。 csvファイルや、エクセルデータを取り込んでデータの前処理をするのはもちろんのこと、電子カルテのデータベースに接続し、SQL文…

電子カルテの仕組み

電子カルテは、規模によっても変わってきますが、一般的には電子カルテのデータを保管するサーバーマシンと実際の診療に利用するクライアントマシンにわかれます。データを保管するデータベースは、Microsoft社のSQL serverやオラクル、PostgreSQL、MySQLな…