読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

R言語による電子カルテデータの二次利用

~R言語初心者がデータ処理を楽しめるように基本的内容中心のサイトです~

R言語と電子カルテデータを使って何ができるか

R言語 電子カルテ

 R言語とは、簡単な統計処理から最新の機械学習まで、豊富なパッケージを利用することにより何でもできる?統計言語です。
csvファイルや、エクセルデータを取り込んでデータの前処理をするのはもちろんのこと、電子カルテのデータベースに接続し、SQL文をなげてデータを取り込んだり、インターネット接続環境ならWeb上のデータを取り込んで(Webスクレイピング)データ利用もできます。
 取り込んだデータや統計処理後のデータで、グラフを描いたり視覚化するためのパッケージも豊富です。

人口ピラミッドを描いたり f:id:r_beginner:20160207053352j:plain

血液検査データをグラフ化したり

f:id:r_beginner:20160207053632j:plain  f:id:r_beginner:20160207053701j:plain f:id:r_beginner:20160207053710j:plain

位置情報を地図にプロットしたり f:id:r_beginner:20160207052959j:plain f:id:r_beginner:20160207054042j:plain

その他にもたくさんの視覚化パッケージが登録されており、自由に使用することができます。