R言語による電子カルテデータの二次利用

~R言語初心者がデータ処理を楽しめるように基本的内容中心のサイトです~

Rで表(table)作成

knitr::kable

package'knitr' : CRAN - Package knitr

まず簡単にkable()関数で。kable関数にデータフレームを入れるだけです。
Rでは、簡単に計算、作図が試せるように組み込まれたデータセットがあります。
最も有名なirisデータを使ってみましょう。

library(knitr)
knitr::kable(iris[1:3,])  # ::は、knitrパッケージのkable関数ということ

こんな感じでConsoleに出力されます。
f:id:r_beginner:20160214212506j:plain

DT::datatable

package'DT' : CRAN - Package DT

次は、ちょっと便利なdatatable()関数です。
カラム毎ソートしたり、検索もできます。

library(DT)
DT::datatable(iris, rownames = FALSE, caption = "DTpackage test")

f:id:r_beginner:20160214213949j:plain
RstudioのViewerに出力されたと思います。

実際はの挙動は、ここで確認してください。
RPubs - DTpackage_sample

formattable::formattable

これもちょっと面白い。好きな人は好きかも。

library(formattable)
iris %>% head(5) -> temp
formattable::formattable(temp)

f:id:r_beginner:20160216221941j:plain
ここからformattableらしく

formattable::formattable(temp,
 list(Sepal.Length=color_bar("tomato"),
      Sepal.Width=color_bar("steelblue"),
      Petal.Length=color_bar("olivedrab"),
      Petal.Width=color_bar("orange")))

こんな仕上がりに
f:id:r_beginner:20160216222208j:plain
詳しくは、参考サイトを

rmarkdownで書き出す場合の注意

kable()の表をrmarkdownでhtmlレポートに書き出す場合、chunk optionのresults="axis"を指定した方が良いらしい。

---
title: "Untitled"
author: "r-beginner"
date: "2016年2月14日"
output: html_document
---

```{r , results='asis', echo=F}
library(knitr)
knitr::kable(iris[1:3,])

```

htmlファイルが出力されます。
f:id:r_beginner:20160214215417p:plain

シンプルで良いですね。

参考