読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

R言語による電子カルテデータの二次利用

~R言語初心者がデータ処理を楽しめるように基本的内容中心のサイトです~

vimを使ってみよう。

vim editor Ubuntu

dockerコンテナ使っていると、vi使わざるを得ない時があります。
最初はとっつきにくい感じがしますが、少し慣れてくるとマウスも矢印キーも打たずに、指もホームポジションにおけるので楽に入力できるようになるそうです。僕はまだまだですが…
またキーバインド、外観等、設定の自由度の高さも魅力の一つです。長く使われているエディターの魅力を感じてみてください。
(Ubuntu64bit 16.04のVMware仮想マシンで試しています。)

まずはvimのインストール

$ sudo apt-get install vim

vimの設定ファイルは、~/.vimrcに作成します。
設定ファイルはコピペしたいので、geditで。

$ gedit .vimrc

設定ファイルの例

if has("syntax")
      syntax on
endif

set ambiwidth=double
set backspace=indent,eol,start
set cursorcolumn
set cursorline
set expandtab
set hidden
set history=50
set ignorecase     " Do case insensitive matching
set incsearch      " Incremental search
set list
set listchars=tab:»-,trail:-,eol:↲,extends:»,precedes:«,nbsp:%
set mouse=a        " Enable mouse usage (all modes)
set nrformats-=octal
set number
set shiftwidth=4
set showcmd        " Show (partial) command in status line.
set showmatch      " Show matching brackets.
set smartcase      " Do smart case matching
set smartindent
set tabstop=4
set title
set virtualedit=block
set whichwrap=b,s,[,],<,>
set wildmenu
set wildmode=list:longest
set wrapscan

noremap <C-j> <esc>
noremap! <C-j> <esc>

ESCキーが遠いのでCtrl+Jに変換してます。
行番号いれたり、カーソルライン入れたり、インクリメンタルサーチにしたり、自分色に変わると愛着が湧いてきます。

なおwindowsレジストリは変更してCapsLockはCtrlキーに変更済みです。
ちなみにwindows10でCapsLockをCtrlに変更するregファイルは下記です。<適当なファイル名>.regファイルで保存してダブルクリックで実行です。

REGEDIT4
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout]
"Scancode Map"=hex:00,00,00,00,00,00,00,00,02,00,00,00,1d,00,3a,00,00,00,00,00